« ほうろく地蔵尊(西東京市南町) | トップページ | 武蔵野大学裏の馬頭観音(西東京市向台町) »

2024年5月12日 (日)

馬頭観音文字塔(西東京市柳沢)

かつての田無市と保谷市の市境になっていた深大寺街道を青梅街道から五日市街道に向かって南下すると、二つの街道のほぼ真ん中あたりの辻に背の高い馬頭観世音塔がある。

Cimg0712

今はマンションの角の植木に覆いかぶさられるようになっていて目立たないが、この馬頭観音単独で立っていたらさぞかし目立つだろうと思われた。角柱型の馬頭観音の高さは180㎝もある。上部には梵字と「馬頭観世音」の文字があり、脇に天下泰平、風雨順時と刻まれている。

Cimg0713

造立年は文政元年(1818)10月で、「奉供養秩父西国坂東為二世安楽也」とあるので、馬頭観音と巡拝塔の合体か。「武州多摩郡上保谷村新田 願主平井嘉右衛門」の銘がある。下部には道標が兼ねられており、「右 深大寺道」「左 柳沢所沢道」と書かれている。

場所  西東京市柳沢4丁目1  map

| |

« ほうろく地蔵尊(西東京市南町) | トップページ | 武蔵野大学裏の馬頭観音(西東京市向台町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ほうろく地蔵尊(西東京市南町) | トップページ | 武蔵野大学裏の馬頭観音(西東京市向台町) »