« 栗山家馬頭観音(目黒区自由が丘) | トップページ | 大聖院の石仏(目黒区下目黒) »

2024年6月17日 (月)

油面高地蔵(目黒区目黒)

目黒通りの油面(あぶらめん)交差点で知られる油面の地名は、この辺り一帯が菜種の栽培地で、生産された菜種油は芝増上寺や祐天寺の燈明に使われていた。そのおかげで油の生産業種に対して免税が行われ、「油免」が「油面」に転じたらしい。また面という文字には村の意味もあるようで、油の取れる村の意も兼ねていたと言われる。

Img_3544

油面交差点から西に進む道は油面地蔵通りという通り名だが、その由来がこの高地蔵である。現場には「油面子育地蔵尊」とあった。昔この地蔵菩薩は目黒通り(昔の二子道)近くの小高い角地にあった。目黒通りの拡幅に現在地に移転を余儀なくされたのだが、目黒通りにあった頃は基壇が長く2mほどの高さがあったので「高地蔵」と呼ばれた。

Img_3550

堂宇の外にあるこの石柱が昔の基壇のようだ。正面には「南無阿弥陀仏」とあり下部に「祐天寺道」とある。左には「是より左 九ほんぶつ道」、右には「是より右 ゆうてんじ」とある。堂宇に入れるために、基壇であったこの石塔と、現在の基壇である「六十六部供養」と書かれた石塔を入れ替えたのだろうか。

Img_3546

造立年については目黒区の資料によると、「・・丙戌五月・・」とあるので、宝永3年(1706)明和3年(1766)文政9年(1826)のどれかだろうとしている。ただ台石には享保18年(1733)7月の紀年があるらしい。この地蔵が目黒区に面して角に立っているとすると、道標の九品仏方面と祐天寺方面は合点する。

場所  目黒区目黒4丁目26-15

| |

« 栗山家馬頭観音(目黒区自由が丘) | トップページ | 大聖院の石仏(目黒区下目黒) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 栗山家馬頭観音(目黒区自由が丘) | トップページ | 大聖院の石仏(目黒区下目黒) »