« 市役所通りの石仏群(稲城市東長沼) | トップページ | 東光寺の石仏(目黒区八雲) »

2024年6月 9日 (日)

常円寺の石仏(目黒区八雲)

目黒区八雲にある常円寺は日蓮宗の寺院。昔はこの辺りは衾(ふすま)村という地名。常円寺の東に走る柿の木坂通りは向かいの北野天神に因んで天神坂と呼ばれた。天神坂のページで常円寺の大銀杏のことを書いた。

Img_3517

日蓮宗常円寺の創建は天正18年(1590)。前述の大銀杏は目黒区の保存樹木の第一号。日蓮宗の寺院には石仏は多くないのだが、ここには貴重な地蔵がある。境内の墓地入口に小堂があり、その中に2基の地蔵菩薩が祀られている。

Img_3523

右の丸彫の地蔵座像は年不詳だが、おそらくは江戸時代中期のものだろう。左の顔だけの地蔵菩薩は、かつて広島市細工町の西蓮寺という寺院にあった子育地蔵で、昭和20年(1945)8月6日の広島市原爆投下で破壊されてしまったもの。爆心地から100mほどの場所だったらしい。その後縁があって目黒区の村山氏によって目黒区に移され、毎年8月6日には法要が行われる。

場所  目黒区八雲1丁目2-10  map

| |

« 市役所通りの石仏群(稲城市東長沼) | トップページ | 東光寺の石仏(目黒区八雲) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 市役所通りの石仏群(稲城市東長沼) | トップページ | 東光寺の石仏(目黒区八雲) »