2018年12月19日 (水)

馬場坂・たぬき坂・縄文坂・西坂(上井草)

上井草碁盤坂の最後の4坂です。この辺りは井草川の源流部になります。大昔の源流は青梅街道井草八幡前交差点辺りでしょう。井草八幡宮が善福寺川と井草川の分水嶺になっています。

Dscn9898
道灌坂の西側にあるのは馬場坂という坂です。 この坂も真ん中で井草川暗渠と交差するので薬研状になっています。暗渠を挟んで南側には都立農芸高校の上井草農場の馬場があるので馬場坂と名付けられました。 しかし2018年訪問時は整地をしていたので、馬場がどうなるのかいささか心配になりました。改修工事のお知らせには、建物を建てる工事ではなく圃場改修工事とあったので、新しくなるだけだろうと思います。

Dscn9901
馬場の北側に暗渠が走り、その北側は農業試験場になっています。 そのため辺りは自然豊かな緑に囲まれた良い環境の坂道です。北側の坂上から農場を回り込むように西側に向かいます。農場にはいろいろな果樹が植えられています。

Dscn9903
西側の道路に回り込むと谷はかなり浅くなっていて、薬研状ではあるもののお皿の断面のような緩やかな傾斜になっています。この坂はたぬき坂といいます。「田抜け」から転じたということですが、「田抜け」がどういうことかよくわかりません。もっともこの辺りでは最近まで狸が出ることが有ったそうですから、たぬき坂というのはそのせいかもしれません。

Dscn9910杉並工業高校の西側は縄文坂です。別名がどき坂(土器坂)。写真の中央右側の銀杏の樹の辺りが井草遺跡で、そこから井草式土器が出土したことに由来します。ここは旧石器時代から江戸時代までの複合遺跡で、縄文前期(約9000年前)の土器が出土、標準の土器となり「井草式土器」という名でよばれるようになりました。 井草川源流域と善福寺川源流域は特に旧石器時代から縄文時代の遺跡が多い地域です。1万年以上の昔から人が暮らしてきた土地と思うと、最近設定された「上井草碁盤坂」も土地の記憶再発見の一役を担っているのではないかと思います。

Dscn9918
最後の坂は縄文坂の北側にある西坂です。この坂だけが少し北東に傾いた坂です。西の山にかかる短い坂という上井草碁盤坂の説明でしたが、この坂の西側の巨大な庭のお屋敷の主が西山家なので、それに因んだのではないかと思わずにはいられません。それだけ大きな屋敷で、巨樹が何本も生えています。

個人宅なので中には入れませんが、西山家穀櫃は杉並区の登録文化財になっている穀物貯蔵庫で天保15年(1844)に作られたものです。

photo: 2018/11/23

| | コメント (0)

2018年12月18日 (火)

ころころ坂・桜坂・茅坂・道灌坂(上井草)

上井草駅の南側には広々としたスポーツ施設(上井草スポーツセンター)が広がっています。 この一部、グラウンドのある所は1936年~1959年の間、東京球場という名前の球場でした。西武鉄道の開発した土地でしたが、水道橋の後楽園球場のインパクトを受けて、衰退しました。ただ、終戦後神宮球場が米軍に接収された1946年から数年間は、ここで東京六大学野球が開かれていました。

Dscn9876

上井草スポーツセンターの南側には区立井草中学校があります。中学校の東側の坂道がころころ坂と呼ばれています。坂を下り、井草川暗渠を越えた先にあるどんぐり山公園に因んでころころ坂と名付けられたそうです。

中学校の正門前に「千川上水忌要」の説明板がありました。千川上水はここではなく上井草駅の北側を流れていた玉川上水の分流です。上水の廃止は昭和42年(1967)ですが、それを無念に感じた当時の校長が惜念をもって上水を偲んだものの様です。

Dscn9883
中学校の西側の坂道が桜坂。 学校の生垣に何本かの桜が植えられており、卒業や入学の頃の印象から桜坂と付けられました。坂下は井草川までは行かず、丁字路で坂が終わります。井草川暗渠の南側には三谷小学校があります。

Dscn9887
桜坂下を西に進むとすぐに北への道があります。 この一角には設備工事業者があって中型のダンプトラックの往来が多いのがいささか五月蝿い感じがします。この坂道は茅坂といいます。昔は茅場だった場所だからです。 家々が茅葺屋根の頃、その屋根材としての茅の群生しているところを茅場と呼びました。辺りは井草川よりも若干高い土地ですが、傾斜地でしたので、田んぼには適さず、大正以前は茅場にされていたのでしょう。

Dscn9890
茅坂の西側は水道局の上井草給水所。その西側はバス通りで西荻窪と石神井公園を結ぶ主要道です。 昔、環八の井荻トンネルができる以前は、この道で関越自動車道に向かったものです。坂を下りきったところを井草川暗渠が横切っています。 そこにあった橋が道灌橋という橋でしたので、坂名が道灌坂となりました。暗渠に向かって下り、再び上る。そのまま南下すると青梅街道に出ます。

昔はこの橋の辺りで塞ノ神祭り(ドンドン焼)を行っていました。ドンドン焼は地区の外れの村境で悪いものが入ってこないようにと行われていた祭りで、ここは上井草と今川の境の橋だったから祭りの場所になったのです。

photo: 2018/11/23

| | コメント (0)

2018年12月17日 (月)

広坂・お見合い坂・秀五郎坂・長坂(上井草)

上井草碁盤坂の第2弾、すみれ坂西隣、井草向山公園を挟んだ通りが広坂です。坂名の由来は道幅が広いからだとのことですが、実際は5m道路で決して広い道とは言えません。とはいえ路地としてみれば広いという表現をしても間違いではないかもしれませんね。

Dscn9848
広坂は短い坂ですが、西隣のお見合い坂は比較的長い坂です。 というのもお見合い坂は坂の真ん中が暗渠との交差場所で、北向き坂と同じように下って上る薬研状の坂道であるためにとても長く見えます。 井草川の暗渠より南側は昔は瀬戸原という字名でした。今もまだ、南に瀬戸原緑地という小公園が残っています。

Dscn9853
お見合い坂の坂名の由来は、坂の形が薬研状の為、向こうから来る人とこちらから行く人の顔が見えることから付けられたそうです。北向き坂とこのお見合い坂は比較的早めに開かれた坂で、大正時代の地図には道が描かれていました。 耕地整理以前からある農道だったのですが、当初からまっすぐな道筋でしたから、耕地整理初期のものと考えた方がいいかもしれません。

Dscn9868
その西側の坂はバス通りです。坂の名前は秀五郎坂といいます。 北に進むと下井草駅の踏切を越える道になります。昭和10年の井草村による耕地整理を主導したのは当時の村長の内田秀五郎という人でした。 その人に因んで秀五郎坂という坂名になりました。

内田秀五郎氏の足跡は近辺に多く、80年前にすでに都会化への環境悪化を懸念しそれをコントロールすることを考えた先進のリーダーでした。善福寺公園に秀五郎氏の像があります。

Dscn9869
秀五郎坂の西隣は長坂という坂で、名前の通り長い坂。この道も遠くまで望める坂です。

坂好きとしては、耕地整理後のまっすぐな坂よりも、江戸時代から続く時代を重ねた坂の方が魅力的なのですが、碁盤坂周辺には大正時代以前にあった道は全くと言っていいほど残っていません。その中で井草川の暗渠道だけがくねくねと走っていて魅力的な印象を与えています。

photo: 2018/11/23

| | コメント (0)

2018年12月16日 (日)

四宮坂・こども坂・北向き坂・すみれ坂(上井草)

ごく最近の坂にも触れてみましょう。 街並みに坂がある地区で、街づくりの一環として坂名を設定している地域があります。 その中からまずは「上井草碁盤坂」を取り上げてみます。

昭和10年に当時の井草村の村長が手掛けた区画整理事業で、碁盤目に区切った街区が後に住宅開発に貢献しました。 地域の中央には東西に井草川が流れていました。井草川は妙正寺川の支流ですが、妙正寺池すぐ下流に注ぐ点では、実質の妙正寺川と考えても良いでしょう。その井草川は杉並工業高校あたりを源頭に東流し、そのおかげで一連の碁盤坂ができた訳です。

Dscn9830
もっとも下流になる東の坂は四宮坂といいます。 坂上標高47mで坂下とは4mほどの高低差。この坂下の北側を西武新宿線が走り、井草川は少し上流で北流して線路を越えているので、この坂と暗渠は接していません。 四宮坂と隣のこども坂の間には四宮森公園があり、四宮坂の名前はその公園に因んでつけられたものです。

Dscn9832
西隣のこども坂は、四宮森公園脇にある児童館(杉並区四宮森児童館)にちなんでつけられた坂名。 坂下には早稲田大学ラグビー部の合宿所などがあり、上井草がスポーツ施設の街であることを感じさせます。児童館の脇を井草川の暗渠が遊歩道として東西に走っています。

Dscn9841
井草川はこども坂では坂下を流れていますが、西隣の北向き坂では少し南側に流れがあるために、北向き坂は下って上る薬研状(お椀の断面の形)をしています。写真の一番低くなったところで井草川の暗渠が交差しています。北斗七星が美しく見える坂なので北向き坂と名付けられましたが、北斗七星は時間と共に方位が変わりますので、まあほぼ北を向いているという意味でしょう。しかし、上井草の坂はすべて南北方向の坂ですから、ここだけ北向き坂というのはいささか無理を感じます。

Dscn9845
北向き坂の西隣はすみれ坂とあります。 坂上の植込みに「すみれ坂」と書かれた木柱が立っていました。 上井草碁盤坂の中で、坂名の表示があるのはここだけ。坂道に野スミレが咲くことが坂名の理由だそうですが、坂下の上井草向山公園に咲くのでしょうか。 どうも花が咲きそうな土地はないように思われました。

Dscn9844
上井草碁盤坂の設定は2011年で、相当新しいのです。しかしこういう試みが広がると、道という存在が光を浴びて、旧道や街並みが大切にされるのではないかと期待します。

「上井草碁盤坂マップ」

photo: 2018/11/23

| | コメント (0)

2018年12月15日 (土)

和田の坂(練馬区石神井台/石神井町)

石神井公園の真ん中を抜けるバス通りが、石神井公園を過ぎて南に上る坂が和田の坂です。道の東側にはボートの浮かぶ石神井池、西側には自然豊かな三宝寺池があり、和田の坂の東側に練馬区石神井公園ふるさと文化館があります。ここで何冊かの出版物を入手しました。 その中に『古老問書』というのがありました。農村地帯だった練馬の昔を語り継ぐ貴重な本です。

Cimg1652
石神井川はこの二つの池の南側を流れています。池の豊富な湧水は山下橋で石神井川に合流しているのです。 とりわけ三宝寺池は沼沢植物群落を形成し、国の天然記念物になっています。 昭和30年代までは冷たく澄んだ湧水に満ちていました。今は湧水量も減少し、かつての澄んだ水面からは程遠い池になりながらもかろうじて堪えている状態です。

Cimg1649
和田の坂については、『古老問書』の中で、次のように語られています。

「富士街道のことを、ここらでは道者街道といった。この道に沿って今の石神井中学がある四つ角を、石神井図書館の方へ行く道がある。その途中に三宝寺池とボート池の間から上り勾配になったところがあって、昔は和田の坂と呼ばれていた。

 その頃は中央線に出るためにこの坂を通らなければならなかったが、今よりももっと狭く急であった。そして両側は山で茅が一面に繁っており、よくおいはぎが出た。この道は現在石神井農協の前をまっすぐ井草高校の方へ伸びているが、これは新しい道で、昔は石神井小学校の西側を通り、松ノ木橋を渡って石神井川の南の斜面の急な坂を通っていた。」

和田の坂を上りったところで、道は丁字路にぶつかっていたのです。そこから小学校の西側に向かってクランクするようにして石神井川に下っていくのが昔の道ということになります。

Cimg1657
三宝寺池の南には三宝寺と道場寺という二つの大きな寺があります。三宝寺は池の名前にもなっており、応永元年(1394)に開山。 三宝寺池の南側の小山はかつての石神井城の城址で、周辺を治めていた豊島氏の居城でした。 三宝寺は豊島氏から帰依を受けていましたが、後の時代には北条氏、徳川氏からも保護されました。本尊が不動明王なので、石神井不動尊とも呼ばれます。

石神井城は平安末期から室町中期まで現在の東京都の城北部を支配していた豊島氏が築いた城の一つで、城は鎌倉時代の築城。1477年に太田道灌に攻められ落城、最後の城主豊島康経は現在の上中里の平塚城に逃げました。そこでも道灌に再度攻め込まれて、神奈川に逃げていますが、その時の平塚城の戦いで道灌が攻め入ったルートが「攻め坂」→「蝉坂」と転訛した上中里駅からの坂道です。

photo: 2018/12/5

| | コメント (0)

2018年12月14日 (金)

工兵坂(練馬区常盤台)

練馬区には不思議な形の街区があります。同心円状に広がる街区が平和台と常盤台の町境に広がっているのです。 こういう街区はヨーロッパやアメリカの街づくりにみられます。都内では田園調布の街区が同心円状です。勿論これは近代以降に区画整理された町並みです。田園調布の場合は、大正12年からの土地分譲で開かれたことは「ブラタモリ#96」でも放送されていました。

Photo_2
さて、この同心円街区ですが、ある説によると、幹線道路計画が北東-南西、北西-南東の45度傾いたルートで計画・開発されたのに、街区は東西南北の道路でつくられた結果、幹線道路との交差角度が90度ではなく45度になったといいます。土木屋さんや不動産屋さんは自分たちのビジネスの価値と効率を求めるのでこういうことになるのでしょうね。

気になったのは農地の時代の土地割。古い地図を見ると、東西南北など気にしてはおらず、地形に対して素直に土地割をしています。それが本来の土地利用なのですが、都会の住宅開発や道路開発は自然や地形を無視したものが多く、そのため人間的な感覚では気持ちの良くない町割や道筋になってしまうのです。昔はまっすぐなのは寺社の参道くらいのものでした。

右上の青い線は石神井川支流田柄川の暗渠。 赤い線が工兵坂。左半分が同心円型の街区。 その間にあるのが工兵坂です。区立仲町小学校の南側を上る坂道で、暗渠の標高が26m、同心円街区のセンターが33mあるので、小学校脇から西に向かっての上り坂です。

Cimg1312
小学校前周辺はほとんど勾配はありませんが、小学校が終わった辺りから上り坂になっています。実際の坂は緩やかな部類に入るでしょう。この地域は江戸時代には下練馬村の一部で、坂の西側が「本村」とあるので、村の中心に近かったようです。

この工兵坂の道筋は今神道という古道でした。今神(いまかみ)というのは下練馬村の小字だった地域で、田柄川沿いの工兵坂の坂下周辺の地名。そこから重現(現在の区立開進第一小学校辺り)に繋がる道が今神道でした。昔は重現の方が人口が多かったようです。

Cimg1314
今神道の田柄川から重現への上り坂は悪路で、農民はかなり難儀をしました。 大正15年にこの道の改修が行われ、それを施工したのは近衛工兵大隊だったことから、村人は工兵坂と呼ぶようになったと伝えられています。

重現には下練馬村の村役場や子供たちが通う開進小学校もあり、困っていた村人が大変助かったので工兵隊への感謝も兼ねてそういう呼び名にしたことは坂名から現在にまで伝わるものとして微笑ましことですね。

photo: 2018/10/28

| | コメント (0)

2018年12月13日 (木)

静勝寺坂(北区赤羽西)

赤羽にある稲付城址は、武蔵野台地の北東端の一部の舌状台地先端上という自然地形を利用した中世の城館跡。 標高21mほどの台地上に現在は静勝寺がありますが、ここが城の主郭でした。東西と北側が崖になっており南の一部だけが台地と繋がっていて、戦国時代の城のロケーションとしてはベストに近いものです。

Dscf1066
正面から静勝寺(稲付城址)に上る階段は稲付城址坂。 そして南側を回り込む坂道が静勝寺坂と呼ばれます。坂上には静勝寺の山門。 寺には戦国時代の武将である太田道灌の木像があり、寺の前にあったという稲付城は太田道灌の築造とされています。

Dscf1070
太田道灌は1432年~1486年の人ですが、寺の木像は1695年の製作なので、200年以上も後のものだと知ってちょっとがっかりしました。

静勝寺坂は稲付城址の南側を急坂で下る道です。 途中で北に折れ曲がっていますが、さすがにこの傾斜なのでステンレス製の手すりが付いています。

Dscf1071
手すりはクランク部分から下は鉄製塗装のものに変わります。おそらくこちらが古いのでしょう。12mほどの高低差を15%の勾配で上る坂ですが、ここは下りの方が怖く感じます。クランクから飛び出しそうな道筋だからでしょう。

静勝寺は曹洞宗の寺で、創建は永正岩年(1504)に道灌の禅の師匠雲綱が道灌の菩提を弔うため、城址に道灌寺として建てたのが始まりです。のち、明暦5年(1655)に道灌の子孫が建立し静勝寺としたと伝えられています。

photo: 2016/9/18

| | コメント (0)

2018年12月12日 (水)

かなくさ坂(北区赤羽西)

赤羽西の富士見坂に源頭を発した沢がその下流で削った谷が島下公園周辺の地形として残っています。 南北に走る味の素フィールド西が丘の前の十条駅に続くバス通りは盛土をしてこの谷を渡っているので気づきにくいのですが、島下公園から赤羽自然観察公園は確実に谷地形になっています。

Dscn9650
その谷あいの公園脇からバス通りに上るのがかなくさ坂。 坂下の標柱に説明が書かれています。

「この坂は、島下公園(赤羽西6-10)の北側を東の方へ登る坂です。名前の由来については定かではありませんが、鉄分を多く含む湧水の影響で池土が赤錆色に染まったことを、かなくさ(金属の匂いや味がすることを金臭いといいます)と表現したのではないかという説が知られています。」

Dscn9647
実はこの坂上は南西から北東に向かって不思議な土地が続いています。 道路だったり、空き地だったり、マンションだったり、福祉施設だったりしながら、幅15mだけが周囲の街並みとは異なる向きになっているのです。 これはここにかつて鉄道の引込線があった痕跡です。味の素フィールド西が丘を含む一帯は軍の兵器庫でした。その引込線「東京陸軍兵器補給蔽線」が赤羽八幡の傍から分岐してここに繋がっていました。 ここをブログに書いている人が意外に多いのには驚きました。

1960-1970年代の鉄道の写真と資料

歩鉄の達人 

photo : 2018/9/18

| | コメント (0)

2018年12月11日 (火)

富士見坂(北区赤羽西/桐ヶ丘)

富士見坂を主たる名前とする坂は都内に14ヶ所。その中で一番北にあるのが、赤羽台地にある富士見坂になります。 赤羽八幡神社の下から西に向かって八幡坂の通りが伸びていますが1.2㎞程西進すると善徳寺前の交差点。 そこから少し下り、再び上る、浅い皿を横断するような坂が赤羽の富士見坂です。

赤羽台は複雑な地形をしていますが、支流の沢のひとつはこの辺りが源頭で、ここからかなくさ坂のある島下公園、区立赤羽自然公園と流れ、亀ヶ池弁財天の近くにあった亀ヶ池に水を貯め、赤羽駅から東に向かい、荒川に注いだ小沢がありまし。流域は江戸時代、赤羽の豊かな田んぼでした。富士見坂はその沢の源頭が作り出した窪みをわずかに感じられる坂といえます。

Dscn9643
この道が今の状態になったのは本当に最近のこと。 北側には広大な桐ヶ丘団地が広がっていましたが、この道は何年か前にやっと拡幅が終わったところです。桐ヶ丘団地は昭和の象徴のような団地で、UR(元住宅公団)ではなく、1957年から東京都が開発した団地。 146棟からなり、5,000世帯が暮らしていました。 最近は老朽化に伴い1997年から建て替えが始まりまだ続いています。平和な住宅地ですが、明治大正時代は陸軍の火薬庫だった場所でした。

坂の東側に御影石の説明書きがあります。

「この坂を富士見坂という。このあたり、昔は人家のない台地で、富士山の眺望がよかったところからこの名がついた。江戸時代の「遊歴雑記」には、「左右只渺茫(ただびょうぼう)たる高みの耕地にして折しも夕陽西にかたぶきぬれば全景の芙嶽を程近く見る、此景望又いうべき様なし」と記されている。 かつてこの近くに周囲500余メートルといわれる 大塚古墳(円墳) があったが、いまは見られない。」

Dscn9629
坂の傍にある善徳寺は関東大震災の後に馬喰町から移転、隣の大恩寺も明治になってから根津神社の傍からここに移転してきました。江戸時代は寺もなく、田んぼと畑だった場所で、この道筋が小豆沢村と稲付村の村境で、赤羽から小豆沢への主要な道でした。

坂の西側には末広稲荷がありますが、ここの石碑に明治以降の歴史が書かれています。稲荷は明治5年から昭和20年まで旧陸軍内の稲荷でした。明治5年に陸軍の火薬庫が完成すると、その火薬庫の災難除けに京都の伏見稲荷大明神を勧請して置かれたものです。 戦後はこの桐ヶ丘は引揚者や戦災者の住居に転用されました。 後に団地が作られるときに稲荷は小さくされ今の場所に収まったということです。

photo: 2018/9/18

| | コメント (0)

2018年12月10日 (月)

地蔵坂(北区中十条)

最寄り駅はJRの東十条駅ですが、地蔵坂のある河岸段丘の上の街区は中十条、線路から低地側が東十条になります。 地蔵坂は中十条と岸町の町境。 岸町は王子駅からここまでの主に崖線部分を占め、まさに河岸段丘の斜面が街区です。地蔵坂の南にある芝坂も、台地上の中十条と斜面から下の岸町の町境の道になっていました。坂というのは「キワ」であると同時に「境」でもあります。

Cimg1148
今回は坂上から下ってみます。 坂上の標高は22m、約100mで坂下の海抜8mまでを下るので、14%という勾配のきつい坂です。雪が降った時のためでしょうか、坂にはステンレス製の手すりが付いていますが、その道路側に電柱の支線(黄色いカバーの地面に結束してあるワイヤーロープ)があって邪魔しています。東京はコストがかかってもきちんとインフラを地下化すべきではないでしょうか。

Cimg1151
段丘の斜面には古い家が多くみられます。 坂途中にも懐かしい木製和風の板塀があってとても気持ちがいい坂風景です。火災には弱いかもしれませんが、ブロック塀の倒壊で亡くなる人がいるのですから、狭い路地は板塀を増やすべきだと思います。町並みもきれいになりますし、取り換えも容易で、たとえ倒れても命を奪うようなことはありません。

坂の途中に標柱がありますが、以前のものとは文章が変わっていました。以前のものは、

「地蔵坂は、この坂の上の三叉路で合流し、ここを通って下る坂道です。現在の中十条2-11-1地先付近までが崖で、坂道は崖の手前の地蔵同から続いていましたので地蔵坂と呼ばれていました。現在の地蔵堂は、東十条駅の開設にともなう跨線橋の設置や道路の拡幅により今の位置に移転したものです。」

と書かれていました。

Cimg1154
今のものは平成30年に新調されたもので、次のように書かれています。

「江戸時代の地誌『新編武蔵風土記稿』には、「地蔵坂 往還ヨリ東二丁程ニアリ」との記載が見えます。往還とは、日光御成道のことで、この坂を上っていくと日光御成道につきあたりました。坂名はこのあたりに地蔵尊があったことに由来します。現在の地蔵堂は、東十条駅の開設に伴う跨線橋の設置や道路の拡幅により、今の位置に移転したものです。」

坂下は線路にぶつかる丁字路です。上の写真の右側は線路を越える架橋の台地側の擁壁になります。 橋の途中に東十条駅の南口の橋上駅舎があります 。

Cimg1140
擁壁上の地蔵堂はかなり立派なもの。 お堂の前には庚申塔と花立が狛犬のように並んでいました。庚申塔は寛政3年(1791)のもの。昭和6年(1931)に下十条駅(現在の東十条駅)が開業、昭和12年に道路拡幅されたときにここに移転したとあります。大きいほうの地蔵は子育地蔵尊で、年代不明ですが江戸時代にはすでに祀られていました。 正面の庚申塔は道標も兼ねており、右より練馬みち、左より豊島みちと彫られています。

photo: 2018/9/19

| | コメント (0)

より以前の記事一覧