2017年6月29日 (木)

茗荷坂(富久町)

現在靖国通りは市谷から合羽橋下を通り、富久町を経て新宿に繋がっているが、昭和の戦後まで富久町から富久町西はつながっておらず(のちに安保坂となった)、いったん南西に下り、茗荷坂を上って富久町西に繋がっていた。現在の三角地帯にある源慶寺も、茗荷坂を挟んだ東長寺も江戸初期の開山で、江戸時代はそのまま大木戸門に行く道だった。 この辺りの斜めの道はそういう昔の道である。

Dscn2980
坂の途中に標柱があり、「この辺りは市谷の饅頭谷から西南に続く谷で茗荷谷と呼ばれ、茗荷畑があったという。坂名はそれに因んだものであろう。」とある。 のどかな畑の広がる場所だったのだろう。両側を墓地に挟まれた広い路地は格好の駐車違反場所になっている。

Dscn2978
富久町の由来は明治になってから久しく富む街にという意味で名付けられた。もとは紅葉川渓谷最大のの谷で、水の豊かな場所だった。江戸期はここと太宗寺の間(今の花園小学校のある新宿1丁目)には百人組の屋敷が広がっていた。鉄砲足軽の部隊であるが、江戸時代には町の外れであった新宿辺りには彼らの屋敷が多く、百人町の地名の由来も彼らが住んでいたからである。 相当貧しい層の武士であったようだ。

| | コメント (0)

2017年6月28日 (水)

安保坂(あぼざか)

江戸時代にはなかった坂である。 江戸期は源慶寺と東長寺の間の茗荷坂が街道だった。 そこから靖国通り沿いに街道が続いていた。源慶寺の西には広い安保邸があり、海軍大臣の安保清種が住んでいた。戦後安保邸敷地を大きく横切る靖国通りに変えたので、この坂は昭和の坂である。

Dscn2974
幾つかの権威ある坂道本には由来がわからないと書かれているが、昭和以前の地図を見ればここが安保氏の邸宅だったことは明らかなのに不思議である。タモリ氏の師である山野氏は安保邸の由来をきちんと書いていた。

| | コメント (0)

2017年6月27日 (火)

禿坂(蜘切坂)

禿坂(かむろざか)と読む。 また別名の蜘切坂(くもきりざか)も難読。 蜘切坂の由来は、三田に多くの伝説が残る渡辺綱が、ここで古蜘蛛を退治したという伝説に由来している。 しかしそれだけのことで、江戸末期以降はおそらく禿坂の方がなじみ深い呼び名だったのではないか。

Dscn2973
坂は緩やかに上っていく。標柱には、「坂名の由来は定かではないが、近吾堂版の『江戸切絵図』には『里俗カムロ坂』とあり、江戸時代後期には「かむろざか」と呼ばれていたことがうかがえる。」とある。

実はいくつかの説があり、自証院裏手、今の富久小学校の裏、都立総合芸術高校の校門の辺りに大きな池があり、そこに河童が住んでいた。 河童のことをカムロ(禿)と呼ぶのでここが禿坂になったという。 紅葉川の源頭のひとつである。

Dscn2971
坂はだらだらとイトーヨーカドーの先まで続いている。 江戸以前はこの辺りには原野が広がり、人もまばらだったはずである。 このちょっとした斜面と坂道からそういう想像ができる。

| | コメント (0)

2017年6月26日 (月)

自証院坂

曙橋駅から靖国通りを西へ進む。 この道は江戸時代は甲州街道の脇道のような役割で、辺りには多くの寺町を抱えていた。富久町の東側の成女学園の辺りには今も善慶寺と自証院が残るが、江戸時代には5軒の寺が並んでいた。

Dscn2962

成女学園の脇道を上るのが自証院坂である。 成女学園は明治32年(1899)創立だが、ここに移転してきたのは明治39年(1906)。 それ以前にここに住んでいたのがラフカディオ・ハーンこと小泉八雲で、八雲は自証院の墓地を散策するのが大好きだったようだ。 江戸末期の切絵図を見ると自証院はとても広く、富久町の北側一帯がその敷地で、この坂は参道だったようだ。

Dscn2964
自証院は尾張藩主の徳川光友夫人の母、自証院(徳川家光の側室)を供養する為に1640年に創建された寺院だが、正式な名前は鎮護山圓融寺という。興味深いのは自証院の先、富久小学校の裏手にある無名の坂である。

Dscn2969
明治以降の新しい坂だがなかなかの景色を持っている。 富久小学校へ通うタワーマンションの子供たちが朝夕賑やかに通るのだろう。

| | コメント (0)

2017年6月25日 (日)

暗坂(暗闇坂)

新宿区は古い町名が残っていて嬉しい。 荒木町の西側が新坂のある舟町、そのさらに西側が愛住町である。それぞれが昨今の丁目レベルの町の広さで、人と人が助けあい支え合いながら生活するのにちょうどいいサイズだと思う。 行政が区割りを変える時は、そこに住む人の生活や人生をも変えるくらいの覚悟で行ってほしいものである。

Dscn2956
坂上には釣り人の聖地のひとつである「釣り文化資料館」がある。週刊釣りニュースの創刊者である船津氏が開いた和竿・魚籠などの伝統釣り具を展示しているが、本社ビルなので平日しかやっていない。そのためにまだ入ったことはない。 資料館前から下るのが暗坂(暗闇坂)。 石垣の上は全長寺の墓地で、まさに暗闇坂の名前の通り、墓のそばであるが、現在はビルが多く明るい雰囲気。

Dscn2958
墓の石垣の下と坂下に標柱がある。「四谷北寺町へ出る道で、坂の左右に樹木が茂っていて暗かったためこの名がついた。別名『くらがり坂』ともいう。江戸時代、坂上一帯は多くの寺院が並び、四谷北寺町と呼ばれていた。」と書かれている。 今でも4件の寺が並んでいる。江戸時代末期は6軒あり、そのうちの4寺は今もある寺院。

Dscn2961
坂は最後に階段になる。 江戸時代から大正まではこちらの道だけだったが、その後カーブして靖国通りに下る車道が開かれた。ものの本にはそちらを暗闇坂と書かれているが、明治以前の地図はみなこの階段の方を暗坂と記しているので、私はこちらを暗坂としたい。

| | コメント (0)

2017年6月24日 (土)

新坂(荒木町)

曙橋駅の南側、住吉町の交差点から南に延びる上り坂が新坂である。 新坂という古い坂が多い中で、この坂は比較的新しい。 それでも明治の坂。 ただ切通し風の風景がなかなかのもの。

Dscn2951
坂の標柱には、「全勝寺から靖国通り手前まで下る坂道で、明治30年代後半の道路新装によりできた坂道である。江戸時代には甲州街道から全勝寺まで杉の木が連なる「杉大門」通りが伸び、新坂ができて靖国通りまで通じることになった。「今は杉樹は伐採し、其の路は新道に通じて、直ちに市谷に達せり」(東京名所図会)という光景であった。」とある。

Dscn2954
この新坂の西側一角は舟町という町名だが、この辺りは森林地帯でその樹木を舟板用に切り出したので「舟板町」と呼ばれるようになり、それが舟町になったという。 切り出した材木は紅葉川で流して運んだのだろう。 この都心でかつてはそういう風景があったのだと想像すると面白い。

| | コメント (0)

2017年6月23日 (金)

仲坂(四谷)

津の守坂から荒木町の中に入り込む。 路地の中の歯科医院の脇に窪地に下る階段がある。 仲坂である。 標柱などはないが、石柱がいくつかあって仲坂と彫られている。 昭和に入ってから開かれた坂のようである。

Dscn2917
上の写真の右下の折れた石柱の下部には「坂」とだけ残っている。 真ん中に鉄製の手すりがついた階段を降りてみると、階段の下にも石柱がある。こちらははっきりと仲坂と読める。

Dscn2918
階段に向かって右側の石柱には昭和7年8月竣工とある。荒木町にはいくつも階段があるが、この仲坂はその中でも特に坂名の付いた階段。 46段の階段を荒木町に住む人々は生活道路として使っている。昭和の坂道ではあるが、情緒はなかなかのものがある。

| | コメント (0)

2017年6月22日 (木)

津の守坂(四谷)

靖国通りの合羽橋下から新宿通り三栄町に向かって上るのが津の守坂。 坂の西側はディープな荒木町。 人気の裏町である。 この荒木町全体が窪地になっていて、江戸時代は岐阜美濃国高須藩主松平摂津守の屋敷だった。荒木町の中はそれはそれで1冊の本になるくらいの情報を秘めているエリアだが、ここは津の守坂の話。

Dscn2913
屋敷の中には湧水が作る滝まであったというが、この高低差を見ると頷ける。 明治になってから大名屋敷は一般に開放され、観光地としてたいそうにぎわった。 今も津の守弁財天にその名残を見ることができる。荒木町の歓楽的な雰囲気はその頃の名残りともいえる。

Dscn2908
津の守坂の坂上から坂下を望むと、自衛隊のビルが正面に立っている。 その敷地も尾張殿の屋敷だったから、この辺りも江戸時代は全く違う雰囲気だったのだろう。  坂下には紅葉川が流れ、水車もあったという。 摂津守の屋敷内の池は源流の一つだった。

Dscn5566
津の守坂の東側には新宿区歴史博物館がある。 入館料300円で随分と楽しめる郷土博物館である。 新宿の大昔から、発展する様子まで、なかなか充実した内容で、何度も訪れている。

| | コメント (0)

2017年6月21日 (水)

坂町坂(四谷)

高力坂、比丘尼坂は本塩町にある。その西側が四谷坂町。 昔は坂下に蓮池という大池があったが埋め立てられて街になり、坂下町となった。後に坂上の上坂町と合わせて明治以降は四谷坂町となった。その坂町を曲がりながら上っていく江戸情緒豊かな坂道が坂町坂である。

Dscn2902
坂下にあったという蓮池は江戸前期には水鳥の豊富な池で、三代将軍家光はしばしばここに狩猟にやってきたという。そういう雰囲気はなく、昭和の中期まではそれなりに栄えた商店街だったようだ。

Dscn2905
坂の上下にある標柱には、「坂名は「坂町」という町名にちなんで、呼ばれていたようである。『御府内備考』では、坂の名称は付けられていないものの、百メートルを越す長さがあることが記されている。」とある。江戸時代は役人の小さな家が多く、御先手組や御持組の集合住宅が沢山あった。御先手組は警備を担当する役人で最前線で戦う役割、御持組は最前線ではないが将軍直衛の警備担当の役人である。

| | コメント (0)

2017年6月20日 (火)

比丘尼坂(市ヶ谷)

高力坂の坂上を右折し路地に入る。 ファッションブランドの三陽商会の本社の北側を左折すると比丘尼坂。 坂上に標柱がある。「『御府内備考』によると、昔、この坂の近くの尾張家の別邸に剃髪した老女がいたことから、こう呼ばれたという。」と書かれている。尾張家というのは今の自衛隊の場所にあった尾張藩の上屋敷。

Dscn2896
また、『新撰東京名所図会』には尾国坂(びくにざか)と書かれており、尾張国の屋敷のそばの坂だからという意味合いだろう。 普通にはこの由来のほうがしっくりくる。江戸時代は三陽商会前の道はこちらに曲がっており、この道を通って尾張藩屋敷へ出ていた。

Dscn2898
極めて短い坂だが、わずかに江戸情緒がある。 写真の石垣が効いている。 ごく普通の昭和の民家だが、石垣はもっと古いのではないかと思われるが真偽は不明。 北側の自衛隊との間の谷筋は、江戸以前は立派な川が流れていた。 そのためここは急傾斜になっていて、1本南の路地に行くのに階段になっている。

Dscn2900
短い坂だが坂下にも標柱がある。 この谷筋だが、新宿区河田町や富久町辺りから流れ出した沢を集めて、高力坂下で外濠に注いだ紅葉川という川。そして江戸時代までこの辺りは寂しい場所だったという。 靖国通りが通ったのは関東大震災の後であった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧