2018年9月24日 (月)

閻魔坂(板橋区中台)

板橋区中台の地名の由来は、戦国の城、志村城から見て、前野原と西台の中間に見える台地ということで中台となったというのが定説。 西台は志村城の西の台の意であるが、元々板橋区は昭和の初期に、板橋町、志村、上板橋村、赤塚村の1町3村が合併してできたもの。 そのうちの志村(志村村ではない)は明治の中期に8村が合併したものである。

志村8村は、志村、本蓮沼村、上蓮沼村、小豆沢村、前野村、中台村、西台村、根葉村。そのうちの西台村から中台村を経て板橋本町から西に延びる富士見街道への主要道が現在の若木通りだった。 中台村の南部にあるのが稲荷神社。 地名は冠になくただ稲荷神社である。

Cimg0174
創建は不明。 江戸時代は中台村の鎮守で、北にある延命寺はその別当だった。この稲荷神社の南側は志村の出井川の支流である前野川の谷になっており、そこに向かって下っていく坂が閻魔坂である。

Cimg0173
一見昭和の道路のように見えるが、実は昔からある道で、江戸時代にはすでに村の主要道路だった。緩やかなカーブの連続はその名残である。 稲荷神社前から徐々に標高を下げながらきれいな弧を描いて下っていく。 途中に中台地域センターがある辺りがもっとも坂らしいところ。

Cimg0180
その先のもっとも低い辺りが前野川の流れを渡っていた場所になる。 ここには閻魔(堂)橋という橋があった。 傍には閻魔堂があったのでそう呼ばれたようだ。それが橋の名前としても坂の名前としても由来となり、現在は坂名だけが残っている。

Cimg0182
ちょうど写真の歯科の路地が前野川の暗渠になる。 ここに閻魔(堂)橋があったわけだ。 港区六本木にも閻魔坂があるが、あちらは江戸時代の武家屋敷と寺社地の中、こちらはのどかな農村風景の中の閻魔坂を想像できる。 その中でも閻魔堂がどちらも由来になっているのは、当時の人々が神仏を重要に考えていたことの名残りだと思う。 ここのおおたけ歯科クリニックも、閻魔橋歯科医院にしてはどうかと考えたが、患者が来なくなるかもしれない。

Photo:2017/1/29

| | コメント (0)

2018年9月23日 (日)

松山の坂(板橋区中台)

環八通りに井荻トンネルという長い地下部分がある。 開通は1997年、それまでは拙宅から関越自動車道に乗るのに西武新宿線をどこで渡るかが難関だったが、このトンネルで随分改善された。 しかし、井荻トンネルの中で、笹目通りと環八通りが分岐しているので、いまだに車線を右往左往する車が多い。 

その環八通りが成増台(武蔵野台の一部)を縦断している。 川越街道より北側にある練馬トンネルは井荻トンネルより後の2006年に開通し、蓮根川の谷を通って新河岸川流域の低地に抜ける。 東武東上線が成増台の尾根筋を通っているが、環八通りはうまいこと練馬トンネルでその下を抜けている。 地形をうまく利用した道路づくりである。

Cimg0156
その環八通りが蓮根川(現在は暗渠)沿いから広大な低地に抜けるところにあるのが松山の坂である。 坂の西側、戸建住宅の多いほうが住居表示では若木、東側の標高の高い高層マンションがある方が中台と、町境になっているが、通り名は若木通り。

Cimg0158
地名は松山ではない。 区の資料によると、坂の上に松林があったので松山の坂と呼んだという。 また、坂下に天狗杉という大きな杉があったので天狗坂という別名もある。 昔は坂上一帯が松林で、遠くから中台へ向かう時の目印になっていたという。 残念ながら現在はヒマラヤスギが多く植えられているが、もとは松林だったのである。

Cimg0160
中台側の台地上にはサンシティというマンション群が立ち並ぶ。 ここは戦前までは一面の林、戦後になり旭化成の倉庫と研究所があった。 マンション群は1980年頃に建ったらしい。現在も人工ではあるが樹木が多くいい環境である。

この成増台から赤羽台にかけては遺跡がまんべんなく広がっていて、この中台にも縄文・弥生時代の遺構や出土品が出ている。 台地の縁に当たる場所には必ず縄文・弥生の痕跡があるのが興味深い。

Photo:2017/1/29

| | コメント (0)

2018年9月22日 (土)

谷津坂(板橋区西台)

首都高5号線下の西台交差点から南に向かって伸びるバス通りは新道の坂で谷筋を上り詰め、そこからはほぼ尾根筋を南下するのだが、その台地の西を前谷津川とその支流が削り、東を蓮根川とその支流が削って谷戸を形成している。 この尾根から東の蓮根川に向かって下るのが谷津坂である。

Cimg0133
バス通りとの接続は並行して合流するような珍しい接道。 この接道は明治初期の地図からこうなっているので、尾根筋の主要道との高低差が大きい為、若干無理をして繋げたのではないかと思われる。

Cimg0135
写真の民家の石垣に沿うように、谷津坂は東に折れ高度を下げていく。 ちなみに関東ではこういう沢が削った小さな谷あいの地形を谷津、谷戸、谷地という風に呼ぶことが多い。「谷津」という呼び名は関東、とりわけ鎌倉や下総に多く、「谷戸」というのは武蔵国、相模国に多い。また「谷地」は東北や北海道に多いが、三つともアイヌ語源だというのが定説。
Cimg0138
坂の途中の北側に西台不動尊がある。 斜面に石仏や石碑がたくさん並んでいて風情のある小さな不動尊。伝承によると、ここの不動明王は、太田道灌の守り本尊で、志村城落城後この地に移されたという。 明治初期の地図には延福寺と書かれているが、西側にある円福寺の別院だった可能性が高い。 この不動尊下、谷津坂が走る谷あいを不動谷と呼んでいた。 この不動尊に因んだものである。

Cimg0146
谷津坂は下っていきやがて西台公園に至る。 この公園は不動谷の何面に作られた自然満載の公園で、かつては賑やかな子供の声が響いていたのだろう。 最近はどうも子供も減って、超ロングスライダーも貸し切り状態になっていた。 この公園は割と自然のまま作られているので、関東ローム層の赤土があちこちに露出していて面白い。

この下流の蓮根川だが、蓮根の地名の由来はレンコン産地かと思われがちだが、元からあった上蓮沼と根葉という集落が明治時代に合併して蓮根となったようだ。蓮根川は志村を流れる出井川と接近するも合流することなく新河岸川(隅田川)に流下していた。

Photo:2017/1/29

| | コメント (0)

2018年9月21日 (金)

伝兵衛坂(板橋区西台)

とりげつ坂、新道の坂がある谷筋の東側、現在の住所は西台1丁目、昔はこの辺りを西台村の中でも門前と呼んでいた。 周辺は住宅開発が進み、とりげつ坂周辺のような古い町並みは残っていないが、この伝兵衛坂は江戸時代からある道で、台地と低地を結ぶ農道のような道だったと考えられる。

Cimg0123
伝兵衛坂の東側には志村学園高校(旧志村高校)があり、擁壁も近年きれいに整備されなおしたためまるでごく最近できたような道路の印象を受ける。 志村学園は2011年に手足にハンディキャップを背負った生徒のための支援学校として再スタートした学校である。 都内には意外と少ないようで、拙宅の近くの梅が丘に光明学園という同様の学校があるが、その校区は世田谷区のみならず、港区、目黒区、渋谷区、中野区、杉並区という人口260万人のエリアを1校がカバーしている。通学も大変だろうから1区1校くらいでもいいように思うのだが。

Cimg0120
もちろん昔の伝兵衛坂は狭い未舗装の農道だったはずで、区の資料によると、伝兵衛が誰かも分からないし、いつごろからある道なのかもわからない。 ただ、地元の古老によると、崖に足掛かりを付けて昇り降りするような急坂だったという。 まあ、それは大げさだが、西台の台地は関東ローム層の上部の赤土が表面にのった地質なので、雨でぬかるんだりすると滑って上れなかったのだろう。

Photo:2017/1/29

| | コメント (0)

2018年9月20日 (木)

新道の坂(板橋区西台)

とりげつ坂の崖下に流れていた沢筋を挟むように昭和になって自動車道が開通した。もともと台地と低地をとりげつ坂で往来していたが、この新道で西台から川越街道の上板橋に車で容易に抜けられるようになった。 そのため地元の人々は新道の坂と呼ぶようになったという。

Cimg0115
坂下は沢筋の暗渠に付き物の銭湯がある。 功泉湯という銭湯で、時代を彷彿とさせる破風造りの屋根が素晴らしい。 この近所にはほかに銭湯はなく、ずっと南の徳丸と赤塚にあったが、徳丸の北野湯(徳丸1-32)と赤塚の栄湯(赤塚1-34)ともに2018年3月に閉業してしまった。

Cimg0119
神道の坂は坂上でとりげつ坂からの道と出合う。  馬頭観世音から少しのところである。 この辺りが最も標高が高く27mほどある。 坂下は6mほどだから随分上っているのだが、傾斜が緩やかになるところに道が引かれているので、だらだらと長い坂という印象である。

途中この坂にかかる西台陸橋という鉄製の橋がある。西台1丁目と西台2丁目を谷筋で新道の坂が分断してしまったので、それを渡す役割を果たしている。

Photo:2017/1/29

| | コメント (0)

2018年9月19日 (水)

とりげつ坂(板橋区西台)

板橋区西台二丁目は西に前谷津川の暗渠、東はもう一つの沢筋を町境にしており、その間は川筋よりも20mほど高い台地になっている。 現在の首都高速5号池袋線よりも北側の団地地帯は一帯が米作農地であった。 この東側の沢筋は極めて短いので、江戸時代でも子供が跨げるほどの沢でしかなかったと思われる。

Cimg0112
この沢筋と西側の台地の間の斜面を上っていくのがとりげつ坂である。 この道は相当古い道で、江戸時代には中山道から西台の峡田道、そしてとりげつ坂から南坂を経て、川越街道へ抜ける重要な村道だった。

Cimg0111
この坂道の西側の台地を昔、「とりが谷津山」と呼んでいた。 その山沿いに上る道なので、とりがやつがとりげつに転化して坂名になったと言われる。坂下から坂上へ緩やかではあるが20mほどの高低差を上っていく古道だ。 谷側には新道と呼ばれる広い道路が開通していて、通る人も少ないとりげつ坂は古道の雰囲気を残している。

Cimg0104
坂上には馬頭観音堂があり、古くから街道筋だったことがわかる。お堂に守られているので風化の少ないきれいな馬頭観世音である。寛政二年とあるので、1790年の馬頭観音だが200年以上を経ているとは思えないくらいきれいだ。台座に「門前谷念仏講中」、側面に 「南 祢りま道、東 戸田渡し道、西 吹あげ道、北 はやせ道」とあるので、道標でもあったのだろう。 門前谷といのはこの谷のことかどうかは不明。 南は練馬ということである。 坂を上ってきた旅人がここで一服したに違いない。

Photo:2017/1/29

| | コメント (0)

2018年9月18日 (火)

神明坂(板橋区西台)

神明坂というのは神社の近くにある坂名に多い。 ここも前谷津川から西台の鎮守である天祖神社(神明社)に上る坂道ということで神明坂である。 坂上の西台天祖神社は西台の総鎮守。 江戸時代の呼び名が神明宮で、明治になってから天祖神社となった。

Cimg0080
馬坂のある峡田道から分岐している。峡田道の標高が8mで天祖神社辺りが22mだから、14mほどの高低差がある。 しかし長い坂道なので勾配は普通の坂道である。 峡田道との辻は不規則な十字路。明治時代からの道の形を残している。 角には竹藪もあり、その裏手が一段高くなっている。

Cimg0084
天祖神社の辺りまで上り坂が続く。200mほど上ると勾配は平坦に近くなる。台地の上に着いたわけだ。 この台地は瓢箪型をしている。その西のくびれの辺りに天祖神社があり、台地の傾斜地に昔からたくさんの民家があった。

Cimg0085
坂の途中から徳丸田圃方向を望むと現在そこには大東文化大学のビルが建っている。大東文化大学の西側には暗渠となって遊歩道化された前谷津川が流れている。 昔は坂上から一面の田んぼが見渡せたことだろう。

Cimg0093
西台村の総鎮守である天祖神社は創建不明だがもともと円墳の上に建てられた古い祠が神社の起こりだと伝えられる。 この台地全体が西台遺跡で、縄文時代から弥生時代の出土品が出ている古い集落跡。  ここも何千年も人々が生活の営みを続けてきた場所なのである。

Photo:2017/1/29

| | コメント (0)

2018年9月17日 (月)

馬坂(板橋区西台)

馬坂は「うまさか」と読むが、地元では「まさか」とも呼ぶらしい。 前谷津川の左岸を上る昔の主要村道を峡田道(はけたみち)と呼んだ。 馬坂はその一部、前谷津川が新河岸川(隅田川)流域の徳丸田圃・赤塚田圃に出る最後の台地の縁を走る緩やかな坂道である。 坂下から西の台地に上ると鎮守の天祖神社があり、馬坂をそのまま進むと、坂上で東の伸びる弥陀堂の坂を分かち、徳丸村の台地に向かっていく。

Cimg0078
写真は坂上から下流方面に向かって撮影している。 道はいかにも古道らしいくねった道で、まさに昔の村道そのものである。また馬坂という坂名の由来としては、大正時代に下赤塚で謡われた「ヨカヨカあめうり唄」に馬坂が出てくるという。

Cimg0079
この道は徳丸や赤塚の台地上に住む人々が、低地の田んぼに行き来する馬のために開いたみちだと伝えられる。 前述の飴売り唄は全国に残っているが、ここ板橋のものは聞いたことがない。

Photo: 2017/1/29

| | コメント (0)

2018年9月16日 (日)

弥陀堂の坂(板橋区西台)

ツルマイ池の沢の北側の峰を越えると、再び谷地形が現れる。 番場稲荷の坂を上った北側の斜面を越えた北向きの斜面に坂はいくつもあるが名のある坂はなぜかない。ほとんどの道が高度成長期以降に開かれた住宅用の坂だからである。

Cimg0053
その谷を越えると再び尾根に向かって上る。 その斜面にある円福寺の門前には六地蔵が赤い被り物をして並んでいる。ここから西へ向かって下る道が弥陀堂の坂。 坂名の由来は、この円福寺法蔵庵のことを地元では弥陀堂と呼んでいたのでそれがそのまま坂の名になった。

Cimg0062
坂は西へだらだらと下っていく。沢筋の谷脇を前谷津川に向かって流れ下る筋と並行して下っていく道である。 この谷筋では戦前はこの道しかなかった。この坂沿いには江戸時代から民家が多く、徳丸田圃で農業をしている家々が立ち並んでいたのだろう。

Cimg0066
坂下近くには京徳観音堂がある。左側の石組みの階段は江戸時代からあるものらしく、荒々しい鑿の跡が美しい。 江戸時代にはここに京徳寺があり、観音堂があった。のちにここは前述の円福寺の管理となり、現在に至っている。 境内には1361年(宝文年間)の宝塔があり、ここで人々がずっと生活を営んできたことがわかる。 明治期は西台村の京徳という字名の地域だった。西台村の西の外れである。

Photo:2017/1/29

| | コメント (0)

2018年9月15日 (土)

番場稲荷の坂(板橋区西台)

伝説のツルマイ池の沢筋を挟んで急坂の北側を東に向かって上る坂道が番場稲荷の坂である。 谷筋の道路は万博(1970)以降に開発された道で、この番場稲荷の坂がそれまでは西台へ向かう主要道路だった。 歩いてみると何となく不思議な昔の道路を感じさせる。

Cimg0045
勾配はそれほどきついとは感じないが、やや急坂の部分もありいつの間にか高度を上げている。 現在の道交法では道路は4m以上となっているが、昔は2.5mの道路もたくさんあった。 ここも戦後しばらくは狭い主要道だったのを、高度成長期の頃から整備したのだろう。

Cimg0047
不思議さを感じるのはこの残されたガードレールである。 昔は崖際に走る道だったと考えられる。東京オリンピックう以前は崖側には民家がなく、昔は崖っぷちだったはずである。 戦前の地図ではこの道は村道、地元では重要な道路である。この崖下を昔は番場と呼んでいた。また坂上にはかつて稲荷社が祀られていたので、番場稲荷の坂と呼ばれるようになったのだが、現在はどちらも残っていない。

Cimg0049
いつの間にか高度を上げた坂上に接する階段からは急坂が展望できる。 かつてはこの道から鶴舞池が望めたはず。 谷あいに広がる田んぼの上流に池があり、鶴やコウノトリ、トキが飛び交う江戸時代の風景を思い浮かべる。

Photo:2017/1/29

| | コメント (0)

より以前の記事一覧