2019年10月22日 (火)

久我山地蔵堂の四仏(杉並区久我山)

久我山地蔵堂を訪れた時、ちょうど葬儀の真っ最中であった。 かなり遠慮気味に地蔵堂を拝見した。 この地蔵堂は久我山墓地の入口脇にある。久我山の最初の家だった、大熊家、秦家、小作家の人々の墓所でもある。その昔ここには光明寺という寺があったらしい。墓地の南側にあったと言われ、中野の宝仙寺の末寺であったが、明治の初め頃に廃寺となった。廃仏毀釈のあおりを食らったのだろうか。

Cimg3127

万年塀に久我山墓地と書かれたプレートがあり、その下にも「光明寺跡」と書かれているが、無くなってから150年も経っているのにすごいものである。この墓所に至るには、久我山駅前の南北の道路を北に進み、「うえみち」の次の路地を左に、そしてすぐに右に入る。この辺りの道のいきさつについては六地蔵のところで書くつもりである。

Cimg3124

地蔵堂の奥に4基の石仏が並んでいる。いずれも杉並区の登録文化財である。一番左にあるのは、舟型の地蔵菩薩立像。これは庚申塔である。右に「奉寄進庚申供養(寄は立の下に可と書くのが彫られた文字でママと読む)」とある。造立年は寛文5年(1665)11月。其の右の丸彫の地蔵菩薩立像は享保4年(1719)11月のもの。久我山村の大熊喜右衛門が願主。

Cimg3125

右の2基のうち丸彫の地蔵立像は宝永5年(1708)11月の造立。念仏供養同行廿六人とあるので、念仏講の造立であろう。施主は「久ヶ山村 名主蔵本佐兵衛」とある。久我山三家の名でないのは珍しい。 右端の舟型の地蔵立像は、寛文10年(1670)10月の造立。 これは日待講の造立らしく、右側に「奉寄進日待供養」とある。 施主は久ヶ山村の8名の名前がある。

もとは久我山のあちこちにあったものを原位置から移されてここに集められたもの。江戸時代の前期から中期にかけてのものがきれいに残っており、当時の久我山村の信仰が分かる石仏である。

場所  杉並区久我山4丁目50-8

| | コメント (0)

2019年10月21日 (月)

久我山道標庚申塔(杉並区久我山)

久我山で最も古い庚申塔。 人見街道から「うえみち」が分岐するY字路の頂点にある。杉並区の登録文化財に指定されている。 この辺りは久我山村でも東原と呼ばれたエリア。現在のまっすぐな人見街道は大正時代からの道で、それ以前は馬車道、うえみちが東西のメインルートだった。

Cimg3141

庚申塔は駒型で、青面金剛像、邪鬼、二鶏、三猿の図柄。下部には8人の願主名が彫られているが、その中に秦(野)が3人、大熊が2人と久我山の有力者の系統が多い。庚申塔の右側には「これよりみぎ いのかしら三ち」とあり、左側には「これよりひだり ふちう三ち」とある。右のうえみちを行けば井の頭へ、左の人見街道(馬車道)を行けば府中に至るということだろう。江戸時代になってもそれまで何百年もの間関東の国府であった府中は道標の指針である。

Cimg3137

高さは115㎝あり大きな庚申塔で、かつては井の頭弁財天信仰者の道標として大切にされた。江戸時代から場所は変わっていないという。弁財天信者は右へ、府中への旅人は左へ、それぞれがここで庚申塔を拝んで分かれていく姿が思い浮かぶ。

場所  杉並区久我山5丁目9-1

| | コメント (0)

2019年10月20日 (日)

久我山の不動明王像(杉並区久我山)

人見街道に面したとある共同住宅の敷地内に屋根付きの不動明王像がある。ここは現在は共同住宅だが、小作家の土地であった(現在はわからない)。しかし今もまだ不動明王像が祀ってあるのでおそらくそのままだろうと思われる。

Cimg3134

残念ながら敷地内なので中に入って撮影することはできなかったが、赤いトタン屋根のしたに石塔が1基立っている。元は玄関先にあったようだが、その頃は小作家の子孫の人の民家だったのではないだろうか。火炎光背の不動明王立像の立派な石塔は、もとは大磯の中島久萬吉邸内にあったものを、江戸時代に久我山の小作太二郎邸に移転したという話である。造立年は分からないが、その話からすると江戸時代後期か。

場所  杉並区久我山5丁目7-2

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

久我山の馬頭観音(杉並区久我山)

久我山には各路地に親しみやすい名前が付いている。「うえみち」「かさもり坂」「馬車道」「六地蔵通り」など様々。「うえみち」は東西に走る人見街道のサブルート的な馬車道よりも高い台地上を並行して走る道なので「うえみち」と名付けられている。このうえみちの途中に大きな馬頭観音が立っている。

Cimg3130

自然石の文字塔で、正面には「馬頭観世音」とあり、裏面には「明治三十六年九月 小作伊之松」と彫られている。久我山三氏のひとつ小作家の造立である。現在は集合住宅の角にあるが、ここは小作家の土地だった(現在もかもしれない)のだろう。

Cimg3132

伝えられる話では、小作伊之松氏の家では大きな馬を飼っていた。ところがある日その馬が急死してしまったので、うえみちの角に埋めて、八重桜の樹を植えた。やがて八重桜は大きな樹になり、久我山の人々を楽しませたという。その桜の木はもうないが、馬頭観音は明治36年(1903)から120年近くここに建っている。

場所  杉並区久我山5丁目35-10

| | コメント (0)

2019年10月18日 (金)

久我山の消えた石塔(杉並区久我山)

かつて久我山駅と玉川上水の牟礼橋の中間に大熊稲荷社があった。しかし2016年から2017年にかけて宅地造成されてしまい、切売りされて民家とマンションに変わってしまった。どこへ行ったのだろうと探してみると、久我山稲荷神社の境内にそこにあった石塔が移設されていた。

Cimg3110

境内の左手に並んでいる石塔のうち左が「正一位稲荷大明神」と正面に彫られた角柱型石塔。右側には「大熊氏講中」とあり、左側には安政3年(1856)2月の造立年がある。稲荷神社の御神体だろうか、大熊一族の守護神とされている。大昔の久我山の神田川左岸には小作家と秦家(秦野家)の2軒しかなかったが、南側の右岸には大熊氏が住んでいたという。この三家が久我山のルーツだとされる。神田川を挟んで左岸の稲荷神社が秦氏、右岸の稲荷神社が大熊氏という棲み分けだったようだ。

Cimg3112

隣りには富士講の石塔がある。これも同じ大熊稲荷社にあったもの。正面に「富士山仙元大菩薩」とあるが仙元=浅間だろう。造立年は効果年(1848)1月。大熊氏の建立である。久我山稲荷神社の南にある神田川の宮下橋の上流には堰があり大熊堰と呼ばれていたので、神田川が家同士の境界だったろう。ちなみに秦氏の稲荷である秦家稲荷(訛ってはだかいなりと言われる)は人見街道の久我山東保育園の向かいに残っている(久我山5-27-1)。

場所  杉並区久我山3丁目37-14 久我山稲荷神社

| | コメント (0)

2019年10月17日 (木)

久我山稲荷神社の庚申塔(杉並区久我山)

久我山駅の西側、井の頭線と神田川の間の段丘の縁に久我山稲荷神社がある。古来からの久我山の鎮守だが、創建などは不詳。神社の境内に上る階段があり鳥居を見上げる階段の脇に祠に入った庚申塔がある。古くから信仰を集めてきた道祖神的な庚申塔で、西向の塞ノ神として大切にされてきた。正月明けに行われるどんと祭も塞ノ神の行事である。

Cimg3101

久我山稲荷神社は明治40年(1907)に天祖神社を合祀して現在の形になった。庚申塔が塞ノ神である別の条件を考えてみると、江戸時代はこれより裏手(北側)は中高井戸村、南側は久我山村で、村境でもあった。そういう境において塞ノ神の祭りは行われる。

Cimg3102

稲荷神社は南向きだが庚申塔は西向である。そのため別名で「西向庚申」とも呼ばれる。この庚申塔には砧の木槌が奉納され、養蚕の神とされていた。砧(きぬた)というのは布地を打って艶を出すのに使う石や木の台の総称。布地を打つ行為そのものも砧という。おそらくは絹をたたく→きぬたではなかろうか。

Cimg3104

駒型の庚申塔は高さが70㎝程、青面金剛像に三猿の図柄。 右側に「奉造立庚申供養二世安楽攸」(攸は~するところ、の意)、左側に造立年があり、元禄16年(1703)11月4日。下部には施主の名が8名ある。堂宇脇には立て札があり、「庚申様御祭神 猿田彦大神」と題している。西向のことや砧の槌の奉納のことなどが書かれているが、養蚕業の発展祈願の占める割合が大きいようである。

場所  杉並区久我山3丁目37-14 久我山稲荷神社

| | コメント (0)

2019年10月16日 (水)

玉川上水牟礼橋の庚申塔(杉並区久我山/三鷹市牟礼)

正確には三鷹市牟礼にあるのだろうか。市境にあり、これぞ塞ノ神という庚申塔である。すぐ西側には玉川上水が流れ、現在は牟礼橋だが脇に古い橋が残っており石橋供養塔も建っている。 石橋供養塔と橋の間に「どんどんばし」という石碑がある。ここだけは昔のままという風景である。杉並区側の地名は久我山になるが、脇のケヤキはどうも三鷹市側っぽい。杉並区の石造物史料にも、三鷹市の石造物史料にも載っている庚申塔である。

Cimg3086

人見街道が東八道路とニアミスする不規則な交差点に囲まれて、さらに玉川上水にも囲まれた飛地のような場所にある庚申塔の堂宇は、実はケヤキの根のふくらみでかなり傾斜している。(写真は庚申塔を水平基準にしている) このケヤキは見事な巨樹でこれもまた庚申塔と共に境のシンボルである。

Cimg3087_20191013155101

庚申塔は一猿のみの駒型でとても珍しいタイプ。造立年は元禄13年(1700)11月26日とある。一猿の右には「奉供養庚申」と彫られている。一猿の下にはうっすらと願主名が多数書かれている。全部で25人分の名前がある。道路工事でも一応は保存されている、ホッとした庚申塔でもある。

場所  杉並区久我山3丁目7-17

| | コメント (0)

2019年10月15日 (火)

久我山病院前の民間信仰塔(杉並区久我山)

京王井の頭線久我山駅から南へ歩くと、まず神田川(神田上水)を越え、さらに500m南で玉川上水に架かる岩崎橋を渡る。神田川に架かる久我山橋の標高は44m、そこから上り坂になり岩崎橋は50m。玉川上水は緩やかな台地の尾根に掘られている。そのさらに先に久我山病院がある。久我山病院で左折すると都営久我山一丁目団地の工事現場があり、その一角に堂宇がある。工事は2023年に竣工予定。

Cimg3076

中央にあるいちばん大きな石仏が庚申塔。青面金剛像のみの角柱型で珍しい。 造立年は安永5年(1776)10月。右側に「右 井ノ頭道」、左側に「左り ふちう道」とあり道標を兼ねている。この庚申塔は、この辺りが久我山村字原といわれた頃、当場所より少し西寄りの井ノ頭道の交差点に建立されたもの。ところが戦争中周辺が軍用地となり、塔の管理も十分に行われないまま放置されてきたが、昭和52年1月地元有志者の奉仕により、この地に安置されたとある。青面金剛像の下には18人の願主の名前がある。

Cimg3066

左の石像はよく分からない。一見如意輪観音座像なのだが、帽子が違う。右の舟型の石仏は如意輪観音像である。造立年は享保15年(1730)。昭和55年(1980)4月にこの近くで発見され、安置されたもの。この観音塔造立の目的は、刻字の一部が欠けているため不明だが、彫られている如意輪観音は、衆生の欲望と万苦を救済する菩薩とされている。

場所  杉並区久我山1丁目3-2

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

石原の庚申塔(大田区南千束)

洗足池の北側、かつては洗足池に流れ込む二つの沢のうち東側の沢沿いの小字を狢窪といった。いかにも暗い沢のイメージだが、明治時代には学校もあったようだ。その東側の台地の上が石原という小字だったが、狢窪から石原に上ったところの辻にあるのがこの庚申塔である。特に名前はないが、私が石原の庚申塔と名付けてみた。

P1070184

祭りとあるのは千束八幡神社の祭礼の案内で庚申塔とは関係ない。なかなか立派な堂宇である。中を覗き込んでみると、平均的な大きさの庚申塔がある。

P1070188

かなり風化が進んでいるようで、格子からでは文字などは読めない。大田区の史料によると、中央に青面金剛像、その右には「奉造立青面金剛に精安楽所」とあり、左側に正徳3年()11月造立、土屋〇右衛門とあるらしい。下部には三猿が彫られている。台石には後に明治になってから(明治21年)台石を造ったであろう願主の名前が11名ほどある。

P1070190

庚申塔の脇に小さな石碑が置いてある。よく見ると文字が彫られている。これも庚申塔である。中央には「奉納庚申」と大きくあり、左右に年月がある。造立年は寛保2年(1742)7月とあり、その下には願主名がある。文字塔で、下部には三猿もあるらしい。

場所  大田区南千束2丁目7-3

| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

洗足池妙福寺の馬頭観音(大田区南千束)

洗足池の近くには史跡が多い。勝海舟の別邸跡、西郷隆盛の留魂祠、勝海舟夫婦の墓など。その中に妙福寺という素敵なお寺が池畔にある。入口は大田区立洗足池図書館の裏手になる。すぐに雰囲気のいい山門が現れる。

P1070159

山門を入ると数多くの石仏があるので、それらを拝見しながら本堂の左奥、洗足池の近くに向かう。妙福寺は日本橋馬喰町に創建、明暦の大火で浅草永住町へ移転、関東大震災でこの地に移転した、災害に追いやられた経緯の寺。日蓮上人が足を洗ったので洗足池、そのほとりで老松に法衣を掛けたのが袈裟掛けの松で、その所以でここに庵があったのと合併して現在に至っている。

P1070165

裏手にある馬頭観音は大田区の文化財指定がされたもの。天保11年(1840)に馬込村千束の馬医師や馬を飼っている人々によって、馬の健康と死馬の冥福を祈って立てられたもの。馬頭観音の下の台石には道標が刻まれており、正面に「北 堀ノ内・碑文谷 道」、左面に「東 江戸中延」、背面に「池上・大師 道」、右面には「丸子稲毛」とある。元は中原街道と碑文谷から池上至る道の交差するところにあったものらしい(現在の環七と中原街道の交差する南千束交差点あたり)。

場所  大田区南千束2丁目2-7 妙福寺

| | コメント (0)

より以前の記事一覧