無料ブログはココログ

« 1997年8月 | トップページ | 1997年11月 »

1997年9月

1997年9月30日 (火)

日川(納竿釣行)

ついに禁漁前日。東京近辺では神奈川県の10月14日までという漁期はあるが、やっぱり9月30日は今年最後の渓の日という感が強い。最後の日にどの川に行くか、実は中央自動車道を走り、大月付近を通過するまで決めていなかった。とりあえず山梨県という事だけは決めていたのだが、渓の選択は走りながら考えようと思った。

相模湖を過ぎ、道志川、秋山川、鶴川、葛野川、桂川、ああどこにしよう。第一、午前7時に家を出たんじゃ、どこも先行者でいっぱい。この時期はやはり沢に分があるから、今日も貧果だな・・・。猿橋発電所を見ながら、ふと日川が頭に浮かんだ。釣り場案内の本が出て、釣り人が激増し、一気に魚影を薄めた日川。なぜその日川なのかは自分でもわからない。

19970930_279

竜門峡の下で出合う焼山沢、水量OK、しかし先行者車2台、林道の奥にも入っているだろうから、少なくとも3人以上。嵯峨塩付近も駐車スペースごとに1~3台が停車。車を覗くと大部分が釣り人らしい。ついにダム手前のペンションすずらんまで来てしまった。期待のタキ沢にもすでに人が入っているとすずらんの御主人が教えてくださる。まあ、他人の後でもいいか。そう割り切って、女将さんから入漁券を買った。

19970930_288

いちのたいら橋から本流に入渓。日陰の岩に濡れた足跡があるが、かなり乾いている。おそらく朝一番に誰かが入ったのだろう。沢はイワナだがここはアマゴだから、居れば出るかもしれない。橋から20m上流のボサの下で小さ目の1尾が出た。いるいる。やはり瀬尻に定位している。少し遡って2尾目、さっきのよりちょっと大きいが、発育の遅れた2年魚と言った感じ。

19970930_282

近郊の渓にしては絶好調で、200mほど釣って10打数5安打。これでこそ「ボ菌」のお祓い釣行と内心喜ぶ。今日は珍しくレベルラインが言う事を聞いてくれる。私の場合都筑師匠からも指摘を受けたが、振り込みが下手。ところが今日はうまくいっている。

19970930_284

にんまりしながら遡行していると、先の浅瀬できらりと光るものがあった。なんだろう?と目を凝らしてみると、雌のアマゴが産卵床を掘っている。しばらく置いて、また全身をくねらせながら尾鰭で河床を叩いている。 雌アマゴの傍には3尾の雄アマゴが体を摺り寄せている。雌が河床を叩き始めると少し離れるが、雌が止まるとさっと傍に寄ってくる。

目の前に展開されている営みを見て、釣欲は消え去ってしまった。 そのうち石の下で尾鰭を覗かせている雌を発見。近寄っても逃げない。石のエゴに頭を突っ込んだまま尾鰭だけを横に振っている。私は手を伸ばし、そのアマゴに触れた。掴まえようかと思ったが、そうしなかった。そうする気になれなかった。 竿をたたんだ。

19970930_286

しばらくはアマゴを観察しながらの遡行。いくぶん婚姻色のでた個体も居る。こうしてじっと水の下に目を凝らしていると、いろいろ見えてくる。 これより上流はダム工事のため立ち入り禁止と書かれたところまで、入渓点からわずか300mだったが今年の最後を飾るにふさわしい釣行となった。

脱渓してペンションすずらんに立寄り、昼食をとる。 ちょうど正午だったので、ツーリングのライダーや、キノコ採りの人々でにぎやかだった。 他のお客がすべて出て行き、私が最後の客となった。

「お客さん、釣りの人は釣りだけすると帰ってしまうけど、山がお好きならキノコやら山菜やらを採られると良いですよ。釣りは今日までですが、10月に入ったら、キノコは全盛だし、もし不安なら、採ってこられたやつをウチで選別してあげますよ。」

女将さんは親切な方である。朝霧さんも今年ここに来てたと思うけど、バイクの人、登山の人、山の幸の人、釣りの人と、ここに集まってくる理由がわかる。
「また来年もいらしてくださいね。」
「どーも、お世話様。」
と私が応えると、すずらんの食堂の片隅で飼われている九官鳥が 「ドーモオセワサマ」と繰り返していた。

1997年9月30日  山梨県 日川

1997年9月18日 (木)

大武川(南アルプスの名渓)

9月18日、釜無川上流の大武川(おおむがわ)へ釣行した。このあたりは釜無川の河岸段丘が顕著に見られる。中央自動車道は河岸段丘の上を走るが、国道20号は河岸段丘の下を通る。

19970918_275

藪の湯下流の大武川は幅広いが堰堤の連続。こういう所に意外性を持って山女魚が生息するのだろうが釣趣がない。ここは飛ばす。人面ダムを過ぎ、人面橋で大武川を右岸に渡し返す。今年の台風でがけ崩れがあったのか、しばらくの間通行止めであったらしい。いまは通れる。

19970918_276_20220619164701

まもなく車止め。途中の桑木沢が実績があるが、今回は本流を行く。車止めにはゴミが散乱する。ミミズの箱やブドウ虫の箱、それにたき火の跡。釣り人のモラルを疑われる状況。ゴミはぜひ持ち帰ってほしい。

19970918_272

車止めからは広河原を堰堤に向かって歩く。南アルプスの前衛を眺めながらの釣行は気持ちいい。右手は甲斐駒ケ岳、左は鳳凰山、正面の峰の向こうは北岳の玄関の広河原である。大武川本流はまずまずの水況。山女魚の姿は見えなかったが岩魚は沢山居た。しかし多くはチビ岩魚。釣り人が多いのか、良型は白泡の下に定位し、毛鉤を見にくるが、直前で反転して帰ってしまう。

19970918_274

峪は次第に狭まり、釣趣も盛り上がってくるが、型が出ない。水量は上流に行くにつれて増えてくる。やはりかなりの伏流がありそうだ。堰堤ごとに水量が増す。水は本当にきれい。

19970918_277

堰堤群がなくなる頃、峪は狭まり両岸は切り立った断崖となる。流れも水深を増し、大物の期待が高まる。毛鉤のポイントを見極めようと、水の中をじっと目を凝らして見つめると、中層に尺物が居た。こちらの存在には気づかず、しきりに流下する餌を食んでいる。数度毛鉤を流すが無反応。仕方なく餌つりの同行者に譲る。餌が尺岩魚の正面に流れていく。「クワえろ!」しかし餌を避けるように身をくねらせたかと思うと、反転して深みに消えてしまった。

19970918_278

尺物の居たのは滝壷から3つ下の深瀬だが、滝壷にはきっとたくさんの大物が居る事だろう。釣れるかどうかは別の話だが。滝の音にふと目を向けると、そこには赤薙の滝(だと思う)が素晴らしい景観で豊富な水量を誇るように落ちていた。

1997年9月18日  長野県 大武川

« 1997年8月 | トップページ | 1997年11月 »